乳癌治療にはどんな方法があるのか知っておくと安心

悪性腫瘍について考えます

胸を押さえる人

性別による違いがあります

生命活動を維持する身体の構成要素である細胞は、非常に繊細なバランスを維持することで健全な活動を継続しています。しかし、何らかの異常が発生することで機能不全に陥った細胞分裂が連続すると、生命機能に甚大な障害をもたらす場合があります。この症状を医学的には悪性腫瘍と総称して、一般的には癌と通称されています。身体内部の生命機能に異常が発生しているため、誰でも悪性腫瘍を発症するリスクがあります。男女の身体構造上の差異に応じて発症率の違いがありますが、乳癌は男性よりも女性の発症するリスクが格段に高い疾患として知られています。治療技術が未熟であった時代には有効な乳癌治療は外科手術だけであったため、乳房を喪失することが多い傾向にありました。

事前の処置は重要です

現在の乳癌治療において、外科手術以外にも各種の粒子線を活用した放射線療法や抗癌剤を利用する化学療法の選択肢があります。しかし、長い治療実績に基づく高い信頼性の観点から、現在でも根本的な治療方法としては外科療法が乳癌に対する対処として推奨されています。ただし、他の治療方法が有効ではないという訳ではありません。施術方法の改良が進められたことで乳房の温存ができる事例も増加していますが、依然として乳房を喪失するリスクは高いと言えます。しかし、外科手術を実施する前に予め化学療法等を活用して悪性腫瘍を縮小させることが実現していれば、外科手術による摘出部位を最小限に抑えて乳房を温存する可能性を向上させることができます。