乳癌治療にはどんな方法があるのか知っておくと安心

健康的に過ごすために

ベッドにもたれる女性

生活習慣が関係しています

近年日本でも増加傾向にある乳癌は、実のところ日頃の生活習慣が関係していることが多いです。特に食生活は、乳癌の発生にダイレクトにかかわる要素と言われます。動物性脂肪の多い食事は特に要注意です。昨今では、アルコールの摂取量との関連も指摘されるようになっており、飲酒の習慣がある方は日頃から自己チェックを怠らないことが求められます。乳癌の発生とかかわりが深いとされているのが、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンです。このエストロゲンが過剰に分泌されると、乳癌の発生や成長に繋がることがあります。エストロゲンの値は適度な運動によって下がるとされており、乳癌予防のためにはウォーキング程度の運動を生活に取り入れるのがベストです。

検診が普及するでしょう

日本の場合には、他の先進国に比べて乳癌検診の受診率が大幅に低いという結果が出ています。そのため、乳癌の罹患者が増加している現在では様々なところで乳癌検診の大切さが提唱されている状況です。乳癌は早期に見つかれば最低限の治療で済みます。治療に伴う体の負担や治療費を軽減できることから、様々な点でメリットがあるのが現実です。乳癌の治療は非常に多様化しています。最近では乳房温存療法も積極的に選択されるようになっており、治療前とほとんど変わらない状態で過ごすことも可能です。各団体のPR活動によって、これからは日本でも検診の受診率が上昇していくと予想されます。治る病気という認識を浸透させることが重要な課題です。