乳癌治療にはどんな方法があるのか知っておくと安心

セルフチェック

病院

注意すること

乳癌という言葉を聞いて、誰しも怖い病気と思うことでしょう。また、治療法方も幾つもあるので、もし、自分が乳癌になったとしても治る可能性もあるので、悲観的にならない事もあります。また注意する事もあります。それは、乳癌になると、進行も早いです。日頃からできる方法として、毎月の生理が終わって5日後にセルフチェックをしてみると効果的です。普段から習慣づけておくと何かの変化に気付きます。方法として、鏡の前に立ってみて、左右の乳房の大きさを確認をしましょう。また片方ずつ、しこりがあるか触ってみるといいでしょう。乳首から、内側に向かって指を滑らせてみたり、外側に向けて調べてみるといいです。そうすることで、何か、あれば早めに外科などを受診をしてみると早期の乳癌の発見になる可能性が高いです。

今後の動向

乳癌の治療にはいくつもあります。その方法で、ステージごとに違ってきます。外科的な治療であったり、放射線治療や、ホルモン治療や化学治療もあります。一般的には、外科治療で行いますが、再発の危険性があれば、放射線治療になる事もあります。また体の負担はもちろん、女性にとっては、乳房はとても大切な部位ですので、精神的なダメージを大きくなります。もちろん、家族の力も大切になります。今後も更なる患者さんが増えていくと考えられるので、経済的な備えや心構えなどを持っておくといいでしょう。また日頃から検診を受けておくと、もし、病気になっても、治癒をする可能性が高くなります。手遅れにならないように、セルフチェックと並行をして受けておくといいです。